歯の神経

歯の神経を抜く(取る)ってどういうこと?

多くの歯科医院では歯の神経と言い、むし歯で痛くなった歯を治療する時に歯の神経を取るといいますね。しかしこれは正確な表現ではありません。神経と呼ばれるものは正しくは歯髄(しずい)と言い、歯の象牙質に養分を補給している組織で、毛細血管の集合体です。

組織ですからその中には当然神経も存在します。虫歯などで歯髄まで穴が開くと、ばい菌が入り、歯髄がばい菌に感染して炎症が起きます。炎症が起こると大抵の組織は腫れますが歯髄は固い歯の中に密閉されているために腫れることができません。その結果、内圧が高くなり、組織内にある神経を圧迫する為、血圧のリズムに合わせてズキズキと痛みが発生し、夜も眠れない状況へと移行していきます。

こうなると象牙質を柔軟に保っていくための補給庫である歯髄も痛みを取り除く為には切除する必要に迫られます。歯髄を取ってしまった歯は、栄養補給が受けられない為、時間の経過と共に枯れ木のようにもろくなり、色も黒くなっていきます。そして歯は噛むことが商売なので、歯髄除去後の適切な処置が施されていない歯は、その噛む圧力に耐え切れず、歯髄の無い歯は時間の経過と共に欠けたり折れたりしてしまうわけです。

あなたには無髄歯(歯髄の無い歯)がありますか?きちんとその後の処置をしていますか?

歯の神経を抜いた後はどうなるの?

まず、神経(正しくは歯髄といいます)が入っていたパイプ(管)の中をばい菌が繁殖して根の先に出ないように、針に似た道具(ファイルといいます)で徹底的に清掃拡大をし、その後、綺麗に清掃できたかをマイクイロスコープ(歯科治療用顕微鏡)で確認します。

次に根の先端の管の部分を完全閉鎖するための処置(蓋をしてバイ菌の垂れ流したものが体の中に入らないようにします)を行い、それが上手く行えたかレント ゲン写真を撮って確認します。

その後経過を観察した後、もろさを補強する為に歯髄の入った空間に歯の象牙質と弾性係数の比較的似かよった材料(今はグラスファイバーが使われるようになって来ました)で接着剤を用いて補強(埋めてあげる)して行き、そのように補強した歯を綺麗に削ります。

その型を精密に採った後、型に石膏を流し込んで模型を作り、歯科技工士がその模型で精密な人工物を作ります。

出来上がった人工物が歯にぴったりと適合していること、そして噛 み合わせに馴染むように歯科医が十分に調整し、人工物を接着性のあるセメントでしっかりと歯につけます。

ざっとこのような過程を一つ一つ手を抜かずに精密に行っていけば経て行けば、歯髄のある歯にかなり近い状態で今後もその歯の機能を果たすようになります。ていうことは、歯髄を大切に守る事をした方がいいですよね。

歯の神経を抜いてしまって大丈夫なのですか?

「神経とは歯の中に入っているものらしい」という程度の知識しか普通の人は持っていませんね。歯医者さんも治療中に神経、神経と、いかにも邪魔物のような扱いをします。患者さんも痛みを伴うものらしいので「神経」といわれると納得してしまいそれ以上は追求しません。でも神経といわれているところは歯にとって非常に重要なものなのです。

歯の構造は表層がエナメル質、そして本体が象牙質といわれている硬組織でできています。しかし、エナメル質と象牙質はその役割が全く異 なります。

歯は物を調理する道具、いうならば包丁とまな板の役目をして、食べ物を唾液とよく混ぜ合わせて飲み込みやすいような状態を作るための役割を担っていますので、表層は石の様に硬くなっていなければなりません。(エナメル質の硬さは丁度「水晶」と同じ位で、無機質のリンやカルシウムの結晶から成り立っています)

ただし、歯が 全部エナメル質でできていたら硬さは十分あるものの、もろさがあるため何年ももたずに割れてしましますので、本体は硬からず、軟らかからず、程良い硬さ が要求されますが、この要求を満たすのはちょっと難しいですね。

そこで神様は本体の構造を硬い管を束ねた状態にし、その中に水分を入れることによって粘り気を持たせるアイデアを考え出したのです。素晴らしい考えですね。

では、その水気の供給源はどこなのでしょうか?そうです、それが神経といわれている歯の真ん中にある軟組織、正式には「歯髄」と呼ばれるところなのです。つまり歯髄は心臓から送られてくる血液が歯の根の先から歯に入り込んだ毛細血管の 集合体なのです。いうならば歯の心臓ですね。その組織(神経)を取ってしまったら、歯は乾燥し干からびてしまいます。歯にとっては決して大丈夫とは言えな
いでしょう。

歯の神経を全て取ってしまえば、もう歯が痛まない?

神経の正式名称は歯髄といいました。痛くなってしまってからでは歯髄を保存するのは手遅れの場合が多いのですが。痛くない時に歯髄を取ってしまうのは、歯髄の役割を考えますと問題があります。もし歯髄を取ってしまったら、その後の処置を正しくしなければ、歯を抜かなければならなくなるでしょう。

神経を抜いた歯が痛いときは?

歯髄(神経)を取った直後であれば炎症が残っていて痛む場合がありますが、治療を進めてゆけば大抵の場合1週間もあれば痛みは消えます。

以前に神経を抜いた歯が痛み出した場合は、根の先にばい菌がたまったため、痛くなる場合があります。

かみ合わせが強い場合も起こりますので、まず、かみ合わせを弱くするために削って痛い歯に刺激がかからないようにします。飲み薬を併用する場合もあります。

ごく稀に根の先に気腫ができて痛む場合もありますがこの場合も約1週間で楽になります。

前のページ 歯の治療  | トップページ |  次のページ 歯が痛い


repob.gif